【2018年版】20代から始めるおすすめの投資・資産運用方法

投資・資産運用
スポンサーリンク
投資、資産運用を始めたいけど専門用語も多くて、なにから始めたらいいかわからない。

他の20代の人がどのくらい投資にまわしているのか、リスクの低い金融商品はあるのかなど、気になってくると思います。

今回は、これから投資を始める20代の方のために、少額で始められ、長期投資できる資産運用を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

20代で資産運用を始める前に

なぜ資産運用を始めるのか

なぜ資産運用を始めるのか以下3種類の考え方があります。

「将来のため」「勉強のため」「短期的な利益のため」

 

20代ではリスクを取れること、時間があることが最大のメリットですが、「短期的な利益」のみ求めると身を滅ぼします。

20代から資産運用を始める際には「勉強のため」「将来のため」にも、少額から資産運用していくことをおすすめします。

 

少額から資産運用を始めて、知識と余剰資金が増えてからリスクのある投資をしていくことを心がけましょう。

 

20代で資産運用にまわす割合、金額

20代はいくらから資産運用を始めたらいい?

20代では資産を築く時間が長いため、資産運用にまわす割合も高くすることができます。

 

大きな支出もない場合、1年分の生活費(必要経費)を銀行に預けつつ、

このさき貯金する50%~80%は投資にまわしても良いでしょう。

 

20代の平均年収

20代は働き始めたばかりなので30代、40代と比べると平均年収は低くなります。

 

転職サイトDODAの平均年収ランキング2017によると、

2017年の平均年収は20代男性が「365万円」、20代女性が「319万円」という結果でした。

 

スポンサーリンク

20代で投資するメリット

あなたが20代なら仕事や学業で忙しいでしょうが、投資を始める最大のメリットは「時間がある」こと。

 

「長期間の資産運用が可能」「少額からでも目標額を貯めやすい」「複利効果が高い」

といったことが挙げられます。

長期間の資産運用が可能

資産運用はなるべく早く始めた方が有利です。

20代で始めることによって、リスクを抑えて運用でき、失敗したとしてもリカバリーしやすいです。

 

銀行にあずけておくだけでは、全くといっていいほど増えないため、

早いうちに資産運用を始めることをおすすめします。

 

少額からでも目標額を貯めやすい

少額で40代、50代が1,000万円を貯めるとすると、ハイリスク・ハイリターンで投資していく必要があります。

あなたが20代なら30代、40代までに1,000万円貯めることも難しくありません。

 

20代は時間をかけてリスクが低い資産運用から始めて、目標額まで増やすことができます

 

複利効果が高い

複利とは、利子に利子がついていくこと。

例として、100万円を年利2%で1年運用すると102万円になり、その102万円を再び年利2%で1年運用すると104万400円になります。

この400円は利子の2万円に対する利子で、このことを「複利」といいます。

 

30代より20代の方が「複利」がつく期間が長いため、リスクを抑えて安定した投資が可能です

また、お金に対する知識も増えるため、無駄遣いも減らすこともできます。

 

スポンサーリンク

20代が資産運用する3種類の投資形態

ネットで気軽に投資ができるようになり、投資できる形態も大きくわけて3種類あります。

自動売買(AI)

ロボアドバイザーや自動売買システムにより資産運用していきます。

 

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」では、あなたに合った最適な商品選びをしてくれて、確定申告も必要ないため、「投資したいけど時間がない」「機械、AIに興味がある」人におすすめ。

 

FPや専門家と相談

FP(ファイナンシャルプランナー)とは、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度などの知識を備え、相談者の夢や目標が叶うようサポートする専門家。

証券会社など、報酬が給与だけの会社員FPだと、自社の商品を優先して売り込まれる可能性があります。

 

FPに相談する際は、独立系FP(通称IFP)を探しましょう。

IFPは、中立な立場で相談を請け負う専門家で、あなたの運用成績により報酬が決まるため、本当にあなたに合った商品を選んでもらえます。

 

個人

基本的に自分で金融商品を選び、投資していく方法です。

企業が発行している株式など、購入するだけなら簡単ですが、幅広い知識が必要になってくるため「時間」「お金」を浪費していく可能性もあります。

 

ですが、20代のうちに投資の仕組みや、リスクを知っておくことで将来、

効率的、精神的にも楽に資産運用をしていくことができることはメリット。

 

スポンサーリンク

20代におすすめする投資・資産運用

ロボアドバイザー

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」では、20年、30年と長期投資でコツコツ積み立てていくため、20代のあなたには特におすすめ。

投資の勉強も、相場も見る必要はないため、時間を取られることもないです。

 

ウェルスナビで長期投資して資産を増やしつつ、他の金融商品も選択肢に入れていきましょう。

 

ソーシャルレンディング

近年注目を集めているソーシャルレンディング。

「ネットでお金を借りたい人、企業」と「ネットでお金を貸したい人(利益を得たい人)」をマッチングさせるサービスです。

「融資型クラウドファンディング」「貸付型クラウドファンディング」「投資型クラウドファンディング」とも呼ばれます。

 

比較的リスクが低く、数ヶ月から長くて3年預けると年利5%から10%ほど増えます。

クラウドクレジット」「クラウドバンク」などが人気。

 

iDeco(確定拠出年金)

iDecoとは自分で積み立てる年金。

基本的に60歳までは出金できません。

 

老後のための投資なので、収入が不安定な場合、おすすめしません。

ですが、あなたが今お金に余裕があって、安定した収入がある場合、加入しておかないと損します。

 

トライオートETF

一度設定しておけば、あとは自動で売買してくれるツールです。

手数料ゼロで金利負担も少なく、いつでも出金できるため、気軽に始めることができます。

 

また「マネーハッチ」では原資ゼロから積立投資できるため、貯金がない人でも資産運用が可能です。

FX

FXも自動売買できる時代になりました。

従来のFXではレバレッジが高すぎて、資金が必要ですが、「トライオートFX」「トラリピ」なら少額から始められます。

 

また、一度設定することで自動取引してくれるため相場を見る必要もなく、

忙しく、資産が少ない人向けのFXです。

 

スポンサーリンク

まとめ

20代ではリスクをリカバリーできるだけの時間があることが最大のメリットです。

 

投資したくなった際に、すぐ運用できるように、まずは気になった金融商品の口座開設だけでもしておくことをおすすめします。

仮想通貨業者のように人気すぎて口座開設がストップすることもありますし、

今回紹介したものは口座開設費、維持費はすべて無料です。

 

時間、お金はあまりないけど、とりあえず始めてみたいという人は

 

・確定拠出年金

・ロボアドバイザー(ウェルスナビ)

・ソーシャルレンディング

 

で運用していくことをおすすめ。

20代から行動して学ぶことが大切です。