【比較】FOLIOと投資信託の違いは?

スポンサーリンク

「FOLIOと投資信託の違いは?」

「どちらを始めようか迷っている」

 

そんなあなたの疑問に答えます。

 

結論として、「これから投資を始めようか迷っている」「プライベートが忙しいので自動で運用してほしい」なら、FOLIOから申し込みましょう。

 

「投資信託について知識がある」「自分で勉強して金融商品を選んで運用していきたい」という方は投資信託を始めてみましょう。

 

FOLIOと投資信託に限らず、投資、資産運用はそれぞれメリット、デメリットがあるため、自分に合った資産運用を始めていきましょう。

スポンサーリンク

【比較】FOLIOと投資信託の違いは?

手数料は投資信託の方が安い

FOLIOと投資信託、どちらも年率手数料が発生しますが、手数料は投資信託の方が安いです。

FOLIOの手数料は年率0.5%から1%、投資信託の手数料(信託報酬)は年率0.03%から3%。

 

FOLIOでは、テーマで選ぶ「テーマ投資」では年率0.5%、すべて自動で運用してくれる「おまかせ投資」では年率1%の手数料が発生します。

投資信託では、運用する金融商品によってはFOLIOよりも手数料が高くなる場合もあります。

 

手数料を比較すると、投資信託の方が安く運用していくこともできますが、FOLIOなら入金するだけでカンタンに投資を始められます。

FOLIOの手数料が高いと感じる方もいるでしょうが、代わりに運用してくれる手間賃と考えておきましょう。

 

投資信託の金融商品によっては、1%以上の手数料が発生することもありますし、FOLIOの手数料は比較的良心的だと思います。

 

カンタンに始められるのはFOLIO

公式サイトを見てもらえればわかりやすいですが、FOLIOの方がカンタンに始められます。

 

FOLIOでは、メールアドレスとマイナンバー記載書類さえあれば、公式サイトから進めるだけでカンタンに口座開設して、資産運用を始めることができます。

投資信託では、証券会社、資産配分、金融商品を選ぶ必要があり、購入後も自分で運用状況を確認していく必要があるため、投資初心者には少しハードルが高いでしょう。

 

FOLIOと投資信託のどちらかを始めようか迷っているのなら、FOLIOで資産運用しながら投資について勉強していくことをおすすめします。

 

また、FOLIO公式サイトから申し込む以外にも、LINEアカウントと連携して運用する「LINEスマート投資」からもFOLIOを始めることができますが、FOLIO公式サイトから申し込むことをおすすめします。

「LINEスマート投資」からFOLIOを始めてしまうと、機種変更時に設定し直す必要がありますし、今後、FOLIOでしか受けられないサービスが出てくる可能性も高いです。

たとえば、ウェルスナビの長期割や、THEOのカラーパレットなどは本家でしか受けられないサービスとなっています。

 

現時点では、どちらから始めても問題はありませんが、今後も資産運用を続けていくのならFOLIO公式サイトから始めておきましょう。

 

NISA口座はFOLIOでは利用できない

NISA口座で運用すれば、利益が非課税になりますが、FOLIOではNISA口座を利用することができません。

投資信託ではNISA口座を利用できます。

 

FOLIOと投資信託にかかる税金を比較すると、投資信託のほうがお得に運用できますね。

 

最低投資金額は投資信託の方が安い

FOLIOの最低投資金額は10万円から。

投資信託の最低投資金額は1万円から、SBI証券や楽天証券だと100円から始めることもできます。

 

最低投資金額を比較すると、投資信託のほうが少額で始められます。

 

 

スポンサーリンク

FOLIOが向いている人

  • 投資信託はよくわからない
  • プライベートが忙しい
  • これから投資を始めようと考えている

あなたが投資をしたことがないのなら、FOLIOから始めることをおすすめします。

 

投資信託は証券会社、資産配分、金融商品を選ぶ必要があるため、迷ってしまいますよね。

FOLIOのおまかせ投資なら、投資の勉強をすることなく、カンタンに始めることができます。

 

まずは少額から始めてみて、自分に合った資産運用を続けていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

投資信託が向いている人

  • 投資信託についての知識がある
  • 手数料をできるだけ安くしたい
  • 自分で金融商品を購入して運用していきたい

FOLIOで投資に慣れてきたら、少しずつ勉強して投資信託を始めてみましょう。

FOLIOは投資信託と比較すると、手数料が高くなることもありますので。

 

自分で投資の勉強をしていく余裕が出てきたら、FOLIOの利益で運用すると無駄がなく資産運用できますね。

投資信託を始めるときに証券会社選びで迷ったら、SBI証券か楽天証券のどちらかを選択すると良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

FOLIOと投資信託の違いまとめ

FOLIO投資信託
手数料年率0.5%~1%年率0.03%~3%
始めやすさ始めやすい始めにくい
NISA利用不可利用可
最低投資金額10万円100円

 

あなたが「これから投資を始めようと思っている」「FOLIOと投資信託のどちらかを考えている」のなら、FOLIOで投資を始めることをおすすめします。

まずは少額から投資を始めて、勉強する時間が取れてきたら投資信託などの他の資産運用を始めてみましょう。

 

FOLIOと投資信託に限らず、投資や資産運用にはそれぞれメリットやデメリットがあります。

そのため、リスクや違いを理解して自分に合った資産運用を始めていきましょう。