【税金対策】楽ラップで確定申告は必要?NISAは利用できる?わかりやすく解説

楽ラップの税金対策|確定申告は必要?ロボアドバイザー
スポンサーリンク

ほったらかし投資をしたいのに、確定申告するのは面倒ですよね。

結論として、楽ラップは口座の種類を「特定口座(源泉徴収あり)」にすれば、

確定申告をする必要はありません

また、楽ラップはNISA口座で運用することはできません。

スポンサーリンク

おさらい|確定申告とは

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間の所得を計算して、

翌年の2月16日から3月15日の間に税務署に申告、納税すること。

確定申告をすることで、収めすぎた税金が還付金として戻ってくる場合があります。

 

スポンサーリンク

楽ラップは確定申告が必要?

楽ラップを利用するには楽天証券の口座が必要。

そして楽天証券の口座を作る際に「特定口座(源泉徴収あり)」を選択すれば、

利益が出てもあなたが確定申告をする必要はありません

楽ラップの特定口座(源泉徴収あり)

楽ラップの特定口座(源泉徴収あり)を選べば、確定申告は必要ありません

所得が20万円を超えた場合でも、確定申告は不要です。

譲渡益が発生した場合、楽ラップ資産から源泉徴収を行います。

 

デメリットとして20万円以下の場合でも、譲渡益課税(20.315%)が発生します。

(内訳:所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)

20万円以下の利益でも20.315%無駄になるため、確定申告に慣れているなら「特定口座(源泉徴収なし)」も検討してみてください。

 

その他の取引と合わせ損益通算を行った結果、還付金が発生した場合には、証券総合口座の「預り金(MRF)」に入金を行います。

楽ラップでの再投資は行いません。

 

楽ラップの特定口座(源泉徴収なし)

楽ラップの特定口座(源泉徴収なし)は、所得が20万円を超えた場合、

楽ラップが税金の計算、書類の作成まで行い、あなた自身が確定申告まで行う必要があります

 

毎年1月中旬頃に前年の譲渡や配当金の受け取りに対する損益額などを記載した「年間取引報告書」が郵送されます。

「年間取引報告書」をもとに、あなた自身で確定申告を行ってください。

 

年収2,000万円以下の給与所得者で、給与以外の所得が年間20万円以下の場合、確定申告をする必要はありません。

 

楽ラップの一般口座

楽ラップの一般口座では、所得が20万円を超えた場合、

あなた自身が税金の計算、書類の作成、確定申告まで行う必要があります

一般口座で取引している場合、楽天証券の「年間損益計算・確定申告サポート」を活用することになります。

 

法人では、特定口座を開設できないため、一般口座は法人のためにある口座となっています。

個人で一般口座を開設するメリットは一切ないため、選択するべきではありません。

 

年収2,000万円以下の給与所得者で、給与以外の所得が年間20万円以下の場合、確定申告をする必要はありません。

 

スポンサーリンク

特定口座の変更はできる?

楽ラップでは、特定口座の「あり」「なし」を変更することができます。

特定口座で年内に株式売却、投信解約、配当金などの受け取りがない場合、当年内の変更手続きが可能。

株式売却などがある場合、来年からの変更受付となります。

 

「源泉徴収なし」から「源泉徴収あり」への変更において、配当金などの受け入れのみの場合、

当年中の変更手続きが可能。

 

基本的には特定口座(源泉徴収あり)にしておくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

特定口座(源泉徴収あり)でも、あなたが確定申告して得するケースもある

特定口座(源泉徴収あり)では、原則としてあなたが確定申告する必要はありませんが、

メリットがある場合には、あなた自身が確定申告をしても良いです。

メリットがあるのは主に下記2つのケース。

複数の証券会社の特定口座(源泉徴収あり)で取引している場合

複数の証券会社の損益を通算して損失になる場合、源泉徴収された税金が還付される場合があります。

 

例として、下記の条件の場合、確定申告すれば「50万円 – 50万円 = 利益0円」として計算してもらえます。

 

・楽ラップの特定口座(源泉徴収あり)で50万円の利益が出た

・他社の特定口座(源泉徴収あり)で50万円の損失が出た

 

 

年間で大きく売却損が出たため、翌年の利益と損益通算したいとき

例として、40万円損失を出してしまった翌年に50万円利益が出た場合、

確定申告をすると「-40万円 + 50万円 = 10万円の利益」となり、翌年は10万円に対してだけの課税となり、税金を払いすぎていたら還付が受け取れるメリットがあります。

 

これを確定申告していなければ翌年は利益50万円に対して課税されてしまいます。

 

スポンサーリンク

まとめ

楽ラップの口座の種類選びに迷っていたら「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しましょう。

 

特定口座を変更することはできるので、まずは「特定口座(源泉徴収あり)」で運用していくことをおすすめします。