【徹底比較】おすすめのロボアドバイザーは?

ロボアドバイザー
スポンサーリンク

「ロボアドバイザーは何がおすすめ?」

「どうやって選べばいいの?」

 

そんな疑問に答えます。

 

結論として、これから資産運用、投資を始めようか迷っているなら、ウェルスナビを選んでおけば間違いないです。

ウェルスナビは他のロボアドバイザーと比較しても、最新の機能が利用できますし、コストも抑えて運用できるため、利益を出しやすいサービスとなっています。

 

スポンサーリンク

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとは、簡単な質問に答えるだけであなたにあった運用方針を決めてくれ、ロボットが適切なアドバイスや資産運用を行ってくれるサービスです。

大きく分けてロボアドバイザーはアドバイス型、投資一任型の2種類があります。

 

アドバイス型ロボアドバイザーは、アドバイスを受けて売買やリバランスは自分で行う必要があるため、投資に慣れた方向きのサービス。

利用手数料は無料など、投資一任型ロボアドバイザーよりも低コストで利用できることやNISA口座が使えることがメリットです。

 

投資一任型ロボアドバイザーは、あなたにあった運用方針を決めてくれるだけでなく、売買やリバランスまでロボットが自動で運用してくれるため、忙しいサラリーマンや主婦に人気のサービスとなっています。

ロボアドバイザーといえば、投資一任型をイメージする方も多いと思います。

利用手数料は約1%ほど発生するため、アドバイス型ロボアドバイザーよりもコストがかかりますが、一度運用を始めればロボットがすべて自動で投資してくれることが最大のメリットです。

 

 

スポンサーリンク

ロボアドバイザーの比較ポイントは?

実績

ロボアドバイザーで一番気になるのは運用実績なのではないでしょうか。

運用実績を気にする気持ちもわかりますが、実績でロボアドバイザーを選ぶことはおすすめしません。

 

ロボアドバイザーはサービスが開始されて間もないですし、短い期間で利益を出すのではなく、長期投資をしていくことを前提としたサービスです。

そのため、数年での運用実績で判断するべきではありません。

たとえばウェルスナビを始めるにしても、資産運用を始めた時期やポートフォリオ、投資金額によって運用実績は異なります。

 

「投資一任型」または「アドバイス型」

ロボアドバイザーには投資一任型とアドバイス型の2種類があります。

今まで投資をしたことがある、利益も出せている、という方はアドバイス型ロボアドバイザーを検討してみてください。

 

忙しいサラリーマンや主婦の方は、一度運用を始めればすべて自動で投資してくれる「投資一任型ロボアドバイザー」をおすすめします。

手数料は年率1%ですが、これから自分で運用する場合には、売買のタイミングを見失い、1%以上の損失を出してしまう可能性もあります。

 

その点、ロボアドバイザーにまかせておけば、売買のタイミングを気にすることなく、預金感覚で資産運用を始められます。

また、これから勉強するにしても投資一任型ロボアドバイザーで運用しつつ、他の投資方法を選択することも可能です。

 

最低金額

アドバイス型ロボアドバイザーは自分で売買するため1口100円や1口1000円など、比較的低コストで運用することができます。

 

投資一任型ロボアドバイザーは、サービスごとに最低金額が定められていて、1番人気のウェルスナビは10万円、楽ラップも10万円、THEOは1万円、マネラップは1000円となっています。

 

手数料

アドバイス型ロボアドバイザーは利用手数料無料のサービスが多くありますが、売買手数料やリバランスによる手数料は自己負担となります。

 

投資一任型ロボアドバイザーの利用手数料は年率1%程度のサービスが多いです。

ウェルスナビのみ、税負担が0.4%~0.6%軽減されるDeTAX、年間手数料が安くなる長期割引が適用されます。

 

そのため、投資一任型ロボアドバイザーを比較して、手数料をなるべく抑えたい場合、ウェルスナビ一択でしょう。

 

口座の種類

ロボアドバイザーの口座は「特定口座(源泉徴収あり・なし)」「一般口座」の3種類あります。

 

特定口座と一般口座を選べるロボアドバイザーもあれば、一般口座しか選べないロボアドバイザーもあります。

 

投資を始めて利益をだした場合、確定申告が必要になるケースもありますが、これから資産運用を始めるならプライベートの時間を取られすぎないことや、利益を出すことに集中したいですよね。

特定口座(源泉徴収あり)なら、確定申告は必要ないので、まずは特定口座の選べるロボアドバイザーを選択することをおすすめします。

 

ウェルスナビ、THEO、楽ラップは特定口座を選択できますが、マネラップは一般口座しか選べないため注意が必要です。

 

ロボアドバイザーの評判・口コミ

やはり、資産運用をしていく上で評判や口コミは気になりますよね。

アドバイス型ロボアドバイザーは、自分の投資に対する知識によって異なりますし、利用者が投資一任型と比べて多くないため、評判・口コミの数自体が少なめです。

 

投資一任型ロボアドバイザーは、自分で運用するよりもコストが発生することから、手数料が高めとの評判が多い印象です。

ですが、時間を使って自分で投資するか、手間をかけずにロボアドバイザーに任せるかによって、この1%の意味合いが変わってきます。

 

コストを惜しんで自分で投資について学び、利益を出していけるなら良いですが、売買のタイミングや専門用語の勉強をしなければなりませんし、最初から利益を出していくのは難しいでしょう。

個人的には、これから資産運用を始めていくなら投資一任型ロボアドバイザーに預けつつ、空いた時間で他の投資の勉強を進めていくことをおすすめします。

 

ロボアドバイザーごとの特別な機能・キャンペーン

アドバイス型ロボアドバイザーは、自分で投資していくスタイルのためか、特別な機能もあまり見受けられませんし、キャンペーンも積極的には行っていないようです。

 

投資一任型ロボアドバイザーはそれぞれ、AIの性能も違いますし、キャンペーンも積極的に行っています。

1番人気のウェルスナビでは、税負担が軽減されるDeTAXや、手数料が割引される長期割があります。

そのため、基本的な利用手数料は1%ですが、DeTAXにより税負担も軽減されますし、手数料が割引されるため、他のロボアドバイザーよりも有利に資産運用を続けていくことが可能です。

 

 

スポンサーリンク

投資一任型ロボアドバイザーのおすすめトップ3

ウェルスナビ

ウェルスナビの最低金額は10万円となっており、他のロボアドバイザーよりも高めに設定されています。

【Q&A】ウェルスナビを10万円以下で始める方法|上限はある?
...

 

ですが、マメタスを利用すれば1万円から始めることもできますし、DeTAX機能と長期割引があるため、他のロボアドバイザーよりも利益が出しやすくなっています。

評判のウェルスナビのメリット・デメリットを徹底解説|個人的評価
...

 

また、ウェルスナビは毎月様々なキャンペーンを行っており、いつでも始めやすいサービスです。

資産運用をこれから始めようか迷っている方は、ウェルスナビで申し込むことをおすすめします。

 

THEO

THEOは、docomoやSBIなど大手企業のほかにも、地方銀行とも提携しているサービス。

地方銀行に申し込んでいる方は、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

「THEO」と「THEO+SBI証券」「THEO+docomo」など全21社の違い
...

 

ウェルスナビと比較すると、THEOは1万円から始められるというメリットがあります。

そのため、「10万円も用意できないし、大金を預けるのは不安」という方はTHEOで始めてみることをおすすめします。

 

マネラップ

マネラップは、マネックス証券が運営するロボアドバイザー。

最大のメリットは最低金額が1000円と、他のロボアドバイザーと比較しても圧倒的低コストで始められること。

404 NOT FOUND | お金サイト

 

ですが、デメリットとして一般口座しか選択できないため、20万円以上の利益が出た場合には確定申告が必要になります。

1000円から始めるなら問題はないでしょうし、お小遣い感覚でロボアドバイザーを始めたい場合、マネラップをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

アドバイス型ロボアドバイザーのおすすめ

アドバイス型ロボアドバイザーを始めるなら、松井証券の投信工房をおすすめ。

投信工房はアドバイス型ロボアドバイザーとなっていますが、100円から積立投資をすることができますし、リバランスも自動で行ってくれます。

 

リバランスを自動で行ってくれるアドバイス型ロボアドバイザーは「投信工房」だけとなっているため、他のロボアドバイザーよりも使いやすいサービスです。

 

また、NISAも利用できるため非課税で運用することができます。

 

 

スポンサーリンク

ロボアドバイザーのおすすめまとめ

ロボアドバイザーは投資一任型とアドバイス型の2種類があります。

 

これから資産運用を始めようか迷っている方は、ウェルスナビを選んでおけば間違いないです。

他のロボアドバイザーにはない最新の機能もありますし、コストを抑えて運用できるため、投資初心者でも利益が出しやすいサービスとなっています。

 

ウェルスナビの始めどきは?この3つのタイミングで開設しよう
...