【ロボアドバイザーの種類】アドバイス型と投資一任型の違い|評判・口コミは?

ロボアドバイザー
スポンサーリンク

ロボアドバイザーには、アドバイス型と投資一任型の2種類があることをご存知でしょうか。

 

アドバイス型ロボアドバイザーは、利用手数料無料のものが多く、コストを抑えて運用できますが投資の知識が必要になります。

 

投資一任型ロボアドバイザーは、利用手数料は1%ほど発生しますが、1%のなかに売買手数料なども含まれています。

アドバイス型と比較して、売買のタイミングやリバランスも自動で行ってくれるため、投資一任型ロボアドバイザーは忙しいサラリーマンや主婦の方に人気です。

 

今回、アドバイス型と投資一任型ロボアドバイザーの違いや、評判・口コミを解説していきます。

スポンサーリンク

ロボアドバイザーは大きく分けて2種類ある

アドバイスをもらって、売買のタイミングは自分で行うアドバイス型

アドバイス型では、投資の方針や、おすすめの銘柄を教えてくれたりしますが、売買のタイミングやリバランスなどは自分自身で行う必要があります。

 

投資一任型と比較すると、アドバイス型のロボアドバイザーは手数料が安いことが特徴ですが、売買手数料を考えると、アドバイス型は投資に慣れている方向きのサービスとなります。

 

代表的なサービスは、松井証券の「投信工房」や、SBI証券の「SBI-ファンドロボ」などが挙げられます。

 

自分の代わりに資産運用をすべて運用してくれる投資一任型

投資一任型では、簡単な質問に答えると、ロボットがあなたに最適な運用方針を提示します。

その運用方針に納得すれば、ロボアドバイザーに申し込み、入金することで自動的に運用が開始されます。

 

アドバイス型と比較すると、手数料が高いとの意見もありますが、投資一任型は売買手数料やリバランス、確定申告の代行なども行ってくれることを考えると、個人的に手数料は妥当だと思います。

 

代表的なサービスは、「ウェルスナビ」「THEO」「楽ラップ」「マネラップ」などが挙げられます。

 

 

スポンサーリンク

アドバイス型と投資一任型のロボアドバイザーを比較

アドバイス型では運用方針の提示までを行いますが、投資一任型では買い付けからリバランスまですべて自動で行います。

 

アドバイス型投資一任型
簡易的な質問に答える必要必要
運用方針の提案ロボットが提示するロボットが提示する
口座開設・入金必要必要
金融商品の買い付け自分で行う自動
金融商品の売却自分で行う自動
リバランス自分で行う自動

基本的なロボアドバイザーの運用は上記表の通りです。

 

他に違いがあるとすれば「最低金額」「ロボアドバイザーの手数料」「NISAが利用できるか」の3点です。

最低金額

アドバイス型は、金融商品、銘柄によって最低金額が異なります。

1口100円の商品もあれば、1口1000円の商品もあるため、自分で好きなようにポートフォリオを組むことができます。

 

投資一任型は、「マネラップ」は1000円で始められ、人気ナンバーワンの「ウェルスナビ」の最低金額は10万円となっています。

ロボアドバイザーに入金した金額で運用を行い、状況に応じて積立投資や追加入金をすることもできます。

【Q&A】ウェルスナビを10万円以下で始める方法|上限はある?
...

 

アドバイス型のロボアドバイザーは状況に応じてポートフォリオを自分で変更する必要があるため、予想以上に資産が必要になる可能性もあります。

 

投資一任型のロボアドバイザーは、最低金額さえ入金しておけば資産がなくならない限り、自動で運用してくれるため、気軽に始めることができます。

また、ロボアドバイザーでの資産運用はローリスクのため、資産がゼロになる可能性は限りなく低いです。

 

手数料

アドバイス型ロボアドバイザーの手数料は、基本的には無料ですが、なかには年率0.5%ほど利用手数料が発生するサービスもあります。

アドバイス型ロボアドバイザーを利用する手数料は無料でも、売買手数料やリバランス時の手数料は発生するため、投資に慣れた方でないと運用していくのはハードルが高いでしょう。

(売買手数料などは運用する証券会社によって異なります)

 

投資一任型ロボアドバイザーの手数料は、年率1%程度のサービスが多いです。

1%の手数料のなかには、売買手数料、リバランス、確定申告の手間賃なども含まれているため、資産運用初心者の方は投資一任型ロボアドバイザーをおすすめします。

 

資産運用、投資に慣れた方が自分で運用していく場合にも、年率0.5%ほどの手数料は発生するため、1%の手数料は妥当だといえるでしょう。

ウェルスナビではDeTAXにより、税負担を0.4~0.6%ほど軽減できるため、コスパも良いです。

ウェルスナビの手数料は高い?手数料が安くなる3つの方法
...

 

NISA

アドバイス型ロボアドバイザーはNISA口座でも運用できるため、非課税にすることが可能です。

 

投資一任型ロボアドバイザーはNISA口座を利用できないため、税金が発生します。

 

 

スポンサーリンク

アドバイス型と投資一任型はどっちがおすすめ?

アドバイス型ロボアドバイザーがおすすめな人

 

・ロボットにアドバイスをもらいたい人

・自分で手数料の計算や売買のタイミングをはかりたい人

・時間をかけてでもコストを減らして、利益を取っていきたい人

 

アドバイス型ロボアドバイザーのメリットは、利用手数料が無料なことです。

(例外として、年率0.5%ほど発生するサービスもあります)

そのため、売買手数料やリバランスのタイミングを自分で管理したい人にとっては、心強い味方となってくれるでしょう。

 

ですが、言い換えれば手数料などのコストを管理できなければ、投資一任型ロボアドバイザーよりも年率のコストが高くなってしまう可能性があります。

また、自分で売買のタイミングまで計算しなければならないため、投資一任型ロボアドバイザーのようにほったらかし投資できないことがデメリットとなるため、注意が必要です。

 

投資一任型ロボアドバイザーがおすすめな人

 

・金融商品選びに迷っている人

・売買するタイミングがわからない人

・プライベートが忙しく、投資している時間が取れない人

・預金のように手軽に資産運用を始めたい人

 

投資一任型ロボアドバイザーのメリットは、ほったらかし投資が可能なことです。

ロボットが売買、リバランスのタイミングまですべて管理してくれるため、資産運用、投資の知識がなくても手軽に始めることができます。

 

預金以外にも資産運用を始めたい、と思っていても投資の勉強時間を取れなかったりしますよね。

投資一任型ロボアドバイザーは、そんな忙しい方のためのサービスとなっています。

そのため、「投資一任型ロボアドバイザーを始めつつ、資産運用についての勉強を併用する」といった使い方もできますし、銀行に預けておくよりはロボアドバイザーに預けた方が利益も出していくことができます。

 

 

スポンサーリンク

アドバイス型ロボアドバイザーのおすすめサービスは?

アドバイス型ロボアドバイザーのおすすめサービスは松井証券の「投信工房」です。

投信工房は、利用料無料、信託報酬は0.38%と低コストで運用することができます。

アドバイス型ロボアドバイザーですが、100円から始められる積立機能もあり、リバランスも自動で行ってくれます。

 

ですが、実際の売買のタイミングは自分で行う必要があるため、ある程度投資に対する知識は必要になります。

 

 

スポンサーリンク

投資一任型ロボアドバイザーのおすすめサービスは?

投資一任型ロボアドバイザーは、有名なサービスは「ウェルスナビ」「THEO」「楽ラップ」などが挙げられます。

そのなかでも、投資一任型ロボアドバイザーを選ぶならウェルスナビを強くおすすめします。

 

ウェルスナビは、手数料1%ですが、DeTAXにより年率の税負担は0.4~0.6%軽減することができますし、手数料を割引するサービスもあります。

預かり資産、利用者もナンバーワンのため、価格競争が起こったとしてもウェルスナビなら他社よりも早くコストが抑えられるでしょう。

 

ウェルスナビのメリットは以下の記事で解説しています。

評判のウェルスナビのメリット・デメリットを徹底解説|個人的評価
...

 

 

スポンサーリンク

アドバイス型ロボアドバイザーの評判・口コミ

アドバイス型ロボアドバイザーは、投資一任型ロボアドバイザーと比較すると、利用者の評判、口コミがあまり見られません。

というのも、運用実績は自分の投資の知識に大きく左右されますし、そもそも利用者が投資一任型よりも少ないことが原因でしょう。

 

アドバイス型ロボアドバイザーは、利用手数料無料のサービスが多いため、まずは自分にあったロボアドバイザーを見つけることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

投資一任型ロボアドバイザーの評判・口コミ

投資一任型ロボアドバイザーは、多くの企業がサービスを開始していますが、その中でも利用者が多いのが「ウェルスナビ」「THEO」「楽ラップ」の3種類です。

 

それぞれ、利用手数料は年率1%程度ですが、たいてい「手数料が高い」「手数料は妥当」の評判・口コミが多く見られます。

サービス自体は良いのですが、「手数料1%は高い」と思われている方は投資の知識が十分にあり、「手数料は妥当」と思われている方は投資初心者が多い印象です。

 

実際、自分で運用していくなら年率0.5%ほどのコストで抑えられる場合もあります。

ですが、売買のタイミングも自分で決める必要があり、プライベートの時間も取られてしまいます。

1%の手数料を払ってプライベートは自由に使うか、コストをなるべく抑えたいなら自分で運用するかアドバイス型ロボアドバイザーを利用するという方法があります。

 

自分で運用して利益を出していくには投資の知識も必要になるため、投資初心者の方は投資一任型ロボアドバイザーを選択することも視野に入れてみてください。

【徹底解説】ロボアドバイザーをおすすめしない人とは?
...