ウェルスナビの手数料は高い?手数料が安くなる3つの方法

ウェルスナビ 手数料ロボアドバイザー
スポンサーリンク

あなたはウェルスナビの手数料1%は高いと思いますか?

運用していくうえで手数料はずっと払い続けるものなので安い方がいいですよね。

 

結論として、ウェルスナビの手数料は、初心者にとっては妥当ですが、

税金の計算や投資の勉強を継続できる上級者にとっては高いといえるでしょう。

 

この記事を読んでいただければ、ウェルスナビの手数料に関することをすべて理解できるでしょう。

あなたもウェルスナビの手数料について納得して、ほったらかし投資の資産運用を始めてみませんか?

スポンサーリンク

ウェルスナビの手数料は高い?

ウェルスナビを利用するための手数料

ウェルスナビのサービス利用手数料は、預かり資産の1%(年率)です。

(税込1.08%)

ウェルスナビで100万円運用する場合、年率1万円が手数料となります。

 

この手数料1%の中には、以下のすべての手数料が含まれています。

・入金手数料(クイック入金のみ)
・出金手数料
・売買手数料
・為替手数料
・為替スプレッド
・リバランス手数料

上記すべての手数料を理解して計算できるなら、あなた自身で投資をしたほうが手数料を安くすることもできます。

ウェルスナビはこれらの手数料を預かり資産の1%の手数料で運用してくれるため、とてもわかりやすいですね。

 

手数料を理解して計算することはできるかもしれませんが、想像以上に手間がかかり、時間もかかってしまいます。

ウェルスナビではプライベートの時間も取れ、精神的にも楽なので、自分で投資するよりもウェルスナビに預けることをおすすめします。

 

預かり資産が3,000万円以上を超える部分は手数料が0.5%(半額)

ウェルスナビのサービス利用手数料は1%ですが、預かり資産額が3,000万円を超える部分は手数料が0.5%になります。

例えば、預かり資産額が5,000万円の場合、年間手数料は下記の通り。

3,000万円×1%=30万円|2,000万円×0.5%=10万円|合計40万円(税抜)

 

ETFにかかる手数料(信託報酬)

ウェルスナビにはETFを管理する際の手数料(信託報酬)が発生します。

投資信託を持っている間、支払い続ける手数料を「信託報酬」といいます。

(運用管理費用とも呼ばれます)

 

ウェルスナビの信託報酬は年率0.10%~0.14%です。

(リスク許容度によって変動)

 

信託報酬は年率0.5%~2%かかるのが一般的なので、ウェルスナビの0.10%~0.14%の手数料は割安といえます。

 

初心者にとっては安い?

上記の手数料をまとめると、ウェルスナビの年間手数料は預かり資産額の1.10%~1.14%(税抜)です。

ウェルスナビの手数料の中には、資産配分を考えたり、手数料が安い証券会社や銘柄を探したりしてくれるサービス料も含まれているため、投資初心者にとっては妥当といえます。

また、いくら勉強しても、手数料が0.5%を下回ることは少ないと言われています。

 

投資経験者にとっても「ほったらかし投資」で時短となるため、ウェルスナビを利用する価値はあるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

ウェルスナビの手数料が安くなる3つの方法

ウェルスナビの手数料の中には、様々なサービスが含まれています。

入金手数料や出金手数料が無料なのは、他のサービスにもありますし、大きなメリットとは言えません。

ですが、下記で紹介する「DeTAX」や「長期割」などのサービスがあるため、ウェルスナビの手数料は安いと思います。

売買手数料・為替手数料はいつでも無料

ウェルスナビは売買手数料、為替手数料が無料です。

これをSBI証券で運用しようと思ったら、売買手数料が5ドル、為替手数料が1ドルごとに0.25円かかります。

100万円をドルに換えるだけで2,500円発生し、売買手数料もその都度発生します。

(SBI証券のNISA口座からだと米国ETFの購入手数料は恒久無料)

 

ウェルスナビでは銘柄の勉強も不要、売買タイミングも自動で行ってくれるため、

「毎月資産を積み立てたい」「投資の勉強をしたくない」「資産運用は難しそう」

と感じるのならウェルスナビで自動運用することをおすすめします。

 

DeTAXの効果で0.4%~0.6%コスト減

株式やETF、投資信託を売却する場合、税金が発生します。

また、リバランスを自身で行う場合、税金まで計算する必要があり、時間も手間もかかってしまいます。

 

ウェルスナビでは、自動でリバランスを行い、DeTAXにより税負担を先延ばしにして、結果税金を少なくしてくれます。

 

ウェルスナビの手数料は1%ですがDeTAX効果により、年率0.6%程度の負担減となるため、実質0.4%でコストを抑えられます。

 

DeTAXの効果

例として、年間の利益(分配金+売却益)が資産の2%~3%相当だったとします。

税率を20%と想定し、DeTAX効果で税負担金額を相殺できた場合、

2%×20%=0.4% もしくは 3%×20%=0.6%

の収益考課となる計算です。

 

ただし、円安などにより含み損のある銘柄が存在していないなど、必ず上記の結果になるとは限りません。

 

長期割

ウェルスナビでは、長期利用者に向けて「長期割」というサービスを開始しました。

預かり資産額が50万円以上なら0.01%ずつ、200万円以上なら0.02%ずつ手数料が割引され、最大0.9%までコストを下げることができます。

(預かり資産3,000万円を超える部分は変わらず0.5%)

 

最大0.1%というと少なく聞こえますが、毎年自動でコストが下がるため、あなたが何もする必要はありません。

手数料の価格競争で起こったものだと考えており、これから先もウェルスナビで新しいサービスが始まるかもしれません。

資産運用は少しでも早く始めた方が有利なため、銀行に預けておくよりウェルスナビで運用しておきたいですね。

 

僕も銀行に預けていてもまったく資産が増えないと感じ、2017年からウェルスナビで運用を始めています。

 

 

スポンサーリンク

ウェルスナビの手数料が安いと思う理由まとめ

・売買手数料・為替手数料が無料

他の証券会社でも恒久無料はあるが、ウェルスナビでは売買タイミングや計算も自動で行うため、ほったらかし投資したい人に最適です。

 

・DeTAX

DeTAXでは、年間0.4%~0.6%の負担減となります。

 

・長期割

長期割で最大年率0.1%の負担減となります。

 

また、ウェルスナビでは自動でリバランスを行いますが、その際の売買手数料も無料です。

リバランスを6ヵ月ごとに行うと、10年で利益が9%向上するという結果も出ています。

 

ウェルスナビの手数料は1%(+消費税)+0.14%ですが、

DeTAXでコスト0.4%~0.6%減、長期割でコスト0.1%減、リバランスで成績9%増と考えると、ウェルスナビがロボアドバイザー1位である理由も納得できますね。

 

ウェルスナビでは期間限定で手数料キャッシュバックキャンペーンも行っているため、始めようか迷っているなら今、申し込むことをおすすめいます。