ウェルスナビとiDeCoはどっちがいい?違いを解説

wealthnavi idecoロボアドバイザー
スポンサーリンク

「ウェルスナビとiDeCoのどちらか始めようか迷っている」

 

そんなあなたの悩みを解決します。

 

ウェルスナビとは初心者でも始めやすい投資信託サービス、iDeCoとは個人型の年金制度のことです。

結論として、ウェルスナビは最低でも10万円必要になってくるため、「10万円も投資できない・・・」という方はiDeCoから始めることをおすすめします。

ウェルスナビ無料診断は こちら

スポンサーリンク

iDeCoとは

iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金の愛称です。

iDeCoは、60歳まで月々5,000円以上の金額を設定し、投資信託や定期預金などの金融商品を選んで運用し、60歳以降に運用していた資産を受け取る「個人で積み立てる年金制度」です。

 

iDeCoには節税効果があり、積立時の掛け金分が所得税、住民税から控除されるとともに運用で得た利益は非課税となるため、節税効果の高い制度となっています。

参考:iDeCoとは?|お金サイト

iDeCoとは?仕組みをカンタンに解説【個人型確定拠出年金】
...

 

スポンサーリンク

ウェルスナビとiDeCoどっちがいい?

一番良いのは、ウェルスナビとiDeCoを併用することです。

iDeCoは職業によって月々の積立額の上限が設定されているため、ウェルスナビと併用することで「今までの貯蓄では不安」「貯金がなかなかできない」という人でも安定して将来に向けてコツコツと資産形成することが可能。

 

まずはどちらか片方から始めてみたい、という人は以下のポイントを元に参考にしてみてください。

・月々5,000円~数万円で資産運用を始めるならiDeCo

・最低投資金額(10万円以上)を入金してプロに運用をお任せしたいならウェルスナビ

ウェルスナビが向いている人

・iDeCoの積立上限額以上に資産運用したい
・貯金を銀行に預けたまま(しばらく使う予定がない)
・海外ETFの資産運用に興味がある
・運用方法などすべてプロにお任せしたい

ウェルスナビは最低投資金額が10万円からとなっています。

金額の上限は設定されていないため、iDeCoの積立上限額以上に運用していきたい場合、ウェルスナビで申し込みましょう。

また、口座開設手数料などもかからず、手数料は年率1%なので始めやすく、続けやすい資産運用サービスとなっています。

 

iDeCoが向いている人

・自分で資産運用を行いたい
・老後資金を貯めたい

iDeCoは60歳まで引き出せず、月々の金額を増やすか、減らすか等を自分で決めることができます。

また、口座開設手数料や管理手数料なども発生するため、ウェルスナビよりも自由度は高いですが、ある程度は資産運用について学ぶ必要はあるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

ウェルスナビとiDecoの違い

ウェルスナビとiDeCoの違いは以下の通りです。

・始め方
・投資金額
・手数料
・投資対象
・運用できる金融商品
・税金
・出金

始め方

ウェルスナビとiDeCoを始める場合、どちらもインターネットから24時間受付可能です。

 

ウェルスナビは最短2営業日ほどで運用が開始されますが、iDeCoは2ヶ月以上かかることもあり、始めるまで時間がかかってしまいます。

iDeCoを始める場合、以下の流れになります。

1.インターネットで申し込み
2.申込書類が届く(数日)
3.見本等を参考に記入し、金融機関へ返送
4.1~2ヶ月後、口座番号とパスワードが届き、運用開始

 

投資金額

ウェルスナビの最低投資金額は10万円です。

積立するか、しないかは自分で決めることができます。

 

iDeCoは月々5,000円以上積み立てる必要があります。

積立可能額は公務員は12,000円、自営業者は68,000円などと、職業によって上限が決められています。

 

手数料

ウェルスナビの手数料は預かり資産の1%と、信託報酬が必要です。

海外ETFを対象としているため、透明性が高く、コストの低い資産運用が可能となっています。

 

iDeCoの手数料は口座開設手数料2,777円と、口座管理手数料が年間2,004円(月額167円)必要です。

引落し手数料がかかる金融機関もあり、iDeCoの積立金額が少なければ、それだけ手数料が割高になってしまいます。

 

金融商品

ウェルスナビの金融商品は海外ETFで、ドル建てで運用していきます。

 

iDeCoの金融商品は大きくわけて「元本確保型」と「元本変動型」の2種類があります。

元本確保型は定期預金や保険を対象とし、基本的には元本割れすることはありませんが、低金利な現状を考えると利益は期待できません。

元本変動型は投資信託を対象とし、資産が増えることもありますが、元本割れする可能性もあります。

 

ポートフォリオ

ウェルスナビでは6つの質問に答えるだけで、リスク許容度が診断されます。

リスク許容度は1~5段階あり、あなたに最適なポートフォリオを提案してくれます。

 

iDeCoのポートフォリオは自分で決める必要があります。

何も決めない場合、定期預金100%となりますが手数料がかかるため、損する可能性が高いといえます。

iDeCoの資料請求をした際にポートフォリオの例が載っていたりするため、参考にしてみると良いでしょう。

 

税金

ウェルスナビでは自動税金最適化機能(DeTAX)があり、税負担を軽減することが可能です。

また、確定申告をする必要もありません。

 

iDeCoは節税効果があり、積立時の掛け金分が所得税、住民税から控除されるとともに運用で得た利益は非課税となります。

 

出金

ウェルスナビは出金制限はなく、手数料も無料です。

出金依頼した金額分、保有しているETFを売却します。

売却金は通常3営業日後に、登録されている口座へ振り込まれます。

 

iDeCoは60歳になるまで出金できません。

東日本大震災などの被災者など、特殊な事情に該当する場合は出金可能です。

また、給付時、還付時にも手数料が発生します。

 

 

スポンサーリンク

ウェルスナビとiDeCoを併用するメリット

ウェルスナビとiDeCoを併用することで以下のようなメリットがあります。

・どちらも比較的リスクが低いため、初心者でも始めやすい

・どちらもコストが低いため、続けやすい

・ウェルスナビは10万円を入金するだけでプロに運用を任せられる

・iDeCoには節税効果がある

 

 

スポンサーリンク

ウェルスナビとiDeCoの違いまとめ

WealthNavi
(ウェルスナビ)
iDeCo
(個人型確定拠出年金)
始め方24時間利用可能
(最短2営業日で開始)
約2ヶ月
投資金額初回10万円以上入金月々5,000円以上
手数料預かり資産の1%口座開設手数料
口座管理手数料など
金融商品海外ETF元本確保型
元本変動型
ポートフォリオリスク許容度により変動自分で決められる
税金DeTAX(自動税金最適化機能)あり非課税
出金制限なし60歳まで引き出せない

 

・月々5,000円~数万円で資産運用を始めるならiDeCo

・最低投資金額(10万円以上)を入金してプロに運用をお任せしたいならウェルスナビ

ウェルスナビ無料診断は こちら
スポンサーリンク

最後に

iDeCo以外にも、ウェルスナビと投資信託、つみたてNISAとも比較しています。

ウェルスナビは全員におすすめできる万能なものではないため、参考にしてみてください。

【比較】ウェルスナビと投資信託の違いとは?どちらがおすすめ?
...
ウェルスナビとNISAを比較!どっちがおすすめ?
...