評判のウェルスナビのメリット・デメリットを徹底解説|個人的評価

ロボアドバイザー
スポンサーリンク

ロボアドバイザーのウェルスナビは10万円から始められ、自動売買してくれるため、忙しい人向けの資産運用方法です。

 

始め方も簡単ですし、プロに資産運用を任せられるため安心ですが、それなりにデメリットもあります。

今回、ウェルスナビのメリット・デメリットを一つずつ解説していきます。


ウェルスナビ無料診断は こちら

 

スポンサーリンク

ウェルスナビの前に!そもそもロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーって何?

ロボアドバイザーとは、あなたの代わりに自動で資産運用を行うサービスです。

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な運用を行ってくれるため、時間も手間もかけずに投資のプロにお金を任せられます。

 

ロボアドバイザーは、今まで富裕層だけしか使えませんでしたが、ウェルスナビでは10万円を入金するだけで富裕層が使うアルゴリズムを利用することができます。

ロボアドバイザーに関する詳しい説明は「ロボアドバイザー投資1年目の教科書」でも解説されています。

 

 

スポンサーリンク

ウェルスナビとは

ウェルスナビって?

ウェルスナビは預かり資産、運用者数ナンバーワンの実績を誇るロボアドバイザーの一つです。

大手証券会社の「楽天証券の楽ラップ」や「SBI証券のウェルスナビforSBI証券」を抜いての1位なので、「ウェルスナビって聞いたことがない」という人でも信頼できるのではないでしょうか。

俳優・沢村一樹さんを起用したウェルスナビのCMで、ロボアドバイザーを目にした人も多いと思います。

 

目標金額とリスク許容度を設定するだけで世界水準の資産運用が可能

ウェルスナビは、目標金額とリスク許容度の設定をするだけで、世界水準の資産運用を始めることができます。

 

証券会社で投資、資産運用を始めようと思ったら、証券会社に申し込み、銘柄について調べたり、売買のタイミングを見計らう必要があります。

ウェルスナビでは、一度設定をしておけば、売買のタイミングやポートフォリオの変更なども自動で行ってくれるため、時間を取られることはありません。

 

入金・出金手数料は無料

ウェルスナビへ入金するには「銀行振込」または「クイック入金」を利用します。

クイック入金だと手数料が無料になり、24時間365日ウェルスナビの口座に入金が可能です。

クイック入金は三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、イオン銀行に対応しています。

 

ウェルスナビから出金する場合も24時間365日いつでも手続きをすることが可能、手数料も無料です。

 

1万円から自動積立が可能

ウェルスナビの最低金額は10万円(マメタスなら1万円)からですが、10万円とは別に自動積立の設定も可能です。

 

毎月の積立金額を設定しておくと、自分で購入するタイミングを考える必要もなく、リスクを減らして、安定した資産運用ができるようになります。

積立投資はドルコスト平均法と呼ばれる投資方法で、投資に使う時間を減らし、精神的な不安なく効率の良い投資が可能です。


ウェルスナビ公式ページウェルスナビ無料診断はこちら

 

スポンサーリンク

ウェルスナビのメリット

自動売買してくれるため、時間がかからない

ウェルスナビは一度設定を行えば自動売買してくれるサービスです。

無料診断も行っており、3分ほどで自分に合ったポートフォリオを決めてくれます。

 

従来、資産運用を始めるには以下の8つの工程が必要になりますが、ウェルスナビでは全て自動で行ってくれるため、時間を短縮することでプライベートの負担なく資産運用が可能となります。

ウェルスナビ従来の資産運用
資産配分の決定自動自分で行う
金融商品の選定自動自分で行う
入金自動自分で行う
発注自動自分で行う
積立自動自分で行う
再投資自動自分で行う
リバランス自動自分で行う
税金最適化自動自分で行う

 

校や仕事などプライベートに時間を使いながら資産運用していくのは骨が折れます。

資産運用できたとしても、利益を出すには知識が必要ですし、売却するタイミングも自分で見極めなければなりません。

ウェルスナビでは、時間も必要なく、自動で売買してくれるため、手軽に資産運用が始められます。

 

手数料は透明性が高く、長期割引もある

ウェルスナビの手数料は年率1%+信託報酬が最大0.14%かかります。

(3000万円を超える分は0.5%)

スプレッドやその他手数料も発生しないため、とてもわかりやすいです。

手数料
預かり資産3000万円まで年率1%
預かり資産50万円以上年率-0.1%
クイック入金無料
自動積立無料
金融機関振込自己負担
出金手数料無料
売買手数料無料
為替手数料無料
為替スプレッド無料
リバランス無料
口座開設費無料
口座維持費無料

 

キャンペーンを利用すれば手数料キャッシュバックもありますし、後述している自動税金最適化機能により年間0.4~0.6%ほど手数料の負担を減らすことが可能です。

ウェルスナビでは分配金も支払われるため、実質手数料はほとんど発生しません。

(分配金とは、投資信託の収益から投資家に還元するお金のこと)

 

また、ウェルスナビで50万円以上入金しているなら、長期割引も適用されます。

1%の手数料が最大0.9%まで手数料が軽減されるため、手数料の安さでロボアドバイザーを選ぶならウェルスナビが一番お得です。


ウェルスナビ公式ページウェルスナビ無料診断はこちら

 

自動税金最適化(DeTAX機能)で年間0.4%~0.6%ほどの負担減

DeTAXって?

ウェルスナビではDeTAX機能により、税負担を翌年以降に繰り延べることが可能です。

 

DeTAXは年間0.4%~0.6%の負担減となりますが、節税効果はありません。

ですが税金を先延ばしにすることで、手元のお金は増えますし、複利効果は高くなるため、自動税金最適化機能があることはメリットと言えます。

 

特定口座に対応しているため、確定申告する必要はない

特定口座って?

特定口座とは、あなたの代わりにETFを売却した際に発生する、上場株式等の譲渡損益等を計算するサービスです。

 

ウェルスナビでは特定口座(源泉徴収あり)に対応しているため、自分で確定申告する必要はありません。

 

ウェルスナビの特定口座(源泉徴収なし)、一般口座では確定申告する必要があるため、注意が必要です。

 

スマホアプリはiPhone、アンドロイドに対応している

ウェルスナビはアプリ版があり、iPhone版とアンドロイド版があります。

パソコン版と同じ情報が見れるため、すき間時間に資産を確認することができます。

 

お釣り投資マメタスからウェルスナビを始めると最低金額が1万円からになる

マメタスからウェルスナビに入金すると、最低金額が1万円から(従来の10分の1)になります。

 

これからは、日本でもキャッシュレス化が進みますし、お釣りで投資できるため無意識で資産運用が可能です。

言い換えれば、小銭貯金するつもりで長期、積立できるため堅実な投資が可能となります。

 

マメタスは「日経トレンディ2018年10月号」で取り上げられており、普段通りに買い物するだけでお金を増やせるサービスとして評価されています。

 

投資者保護基金、二段階認証に対応しているため、セキュリティ面も安心

ウェルスナビは投資者保護基金に加入しています。

そのため、ウェルスナビが倒産、破綻しても、あなたの資金は1000万円まで保証されます。

 

ウェルスナビは二段階認証にも対応しています。

二段階認証とは、IDとパスワードの情報が流出しても、不正ログインを防止できるセキュリティシステムです。

 

ウェルスナビは、銀行と同程度の安全性が確保されているため安心ですね。

 

レスポンスが早く、電話サポートもある

ウェルスナビではインターネットの問い合わせ窓口の他にも、電話サポートにも対応しています。

 

僕も当サイトの記事を作るときには、ウェルスナビに何度か問い合わせをしていますが、レスポンス(返信)も早く、24時間以内には回答が返ってきます。

 

ウェルスナビに対してわからないこと、不安なこと等があっても、解決まで時間がかからないため、安心して資産を預けておけます。

 

預かり資産、運用者数、運用実績ナンバーワン

ウェルスナビは預かり資産、運用者数ナンバーワンのロボアドバイザーです。

楽天証券、SBI証券、大和証券など大手証券会社を抜いての1位なので「ウェルスナビを聞いたことがない」という人でも信頼できると思います。

 

運用者数がナンバーワンということは、ネットにも情報が多くあり、ウェルスナビに対して不安なこと、わからないこと等があっても検索すれば解決しやすくなるメリットがあります。

また、問い合わせまでの回答も早いため、サポートにも力を入れている証拠とも言えます。

 

ウェルスナビの実績は預かり資産、運用者数だけではありません。

MONOQLO the MONEY(モノクロ ザ マネー) 2018年 06月号」でも取り上げられてますが、ウェルスナビ運用約2年で最大18%超の高リターンを記録しています。

僕も個人的に、様々な雑誌、公式サイトからロボアドバイザーの運用実績も比較しましたが、ウェルスナビの実績が一番高かったです。

 

たった2年で18%超の利益を出すことはプロでも難しいため、ウェルスナビは本当に優秀なロボアドバイザーと言えます。

 

毎月お得なキャンペーンを開催している

ウェルスナビでは、資産運用初心者でも始めやすく「手数料キャッシュバック」や「積立開始キャンペーン」を行っています。

 

手数料キャッシュバックは今月末までの限定キャンペーンのため、迷っているなら今のうちに始めることをおすすめします。


ウェルスナビ公式ページウェルスナビ無料診断はこちら

 

スポンサーリンク

ウェルスナビのデメリット

NISAは利用できない

ウェルスナビはNISAを利用できないため、節税効果が見込めません。

 

ですが、ウェルスナビと同じタイプ(運用一任型)のロボアドバイザーはNISAを利用できないため、大きなデメリットではありません。

 

手動売買はできない

ウェルスナビはすべて自動で運用してくれますが、手動で投資することはできません。

 

ですが、手動売買できないということは、狼狽売りの心配がないため、淡々と資産運用ができるようになります。

感情で資産運用をしてしまうと、損失が大きくなる可能性があるため、手動で売買できないということはメリットともデメリットとも言えます。

 

資産運用すべてに言えることだが、それなりのリスクはある

ウェルスナビは海外ETFに投資していく資産運用のため、「元本割れ」や「為替リスク」などのリスクはあります。

 

ですが、あなたが資産運用を始めていないならウェルスナビを始めていない、行動していないことの方がリスクが高いです。

あなたが20代なら、リスクをリカバリーできるだけの時間があることが最大のメリットです。

歳を重ねれば、リスクをカバーできなくなるため、大きな失敗はできなくなります。

 

資産運用を考えているなら、時間のかからないウェルスナビを始めることをおすすめします。


ウェルスナビ公式ページウェルスナビ無料診断はこちら

 

 

スポンサーリンク

ウェルスナビの評判

ウェルスナビの評判は良く、2017年の利回りは10%を超えたという運用報告もチラホラ見られました。

運用実績は景気に左右されますが、評価が高いということはウェルスナビのポテンシャルが高いと言えます。

 

また、多くのメディアにも掲載されており、評価も高いです。

 

 

スポンサーリンク

ウェルスナビのメリット・デメリット|個人的評価まとめ

ウェルスナビはリスクも低く、時間も取られないため最初に始める資産運用方法として評価が高いロボアドバイザーです。

 

はじめに、入金、設定しておけば何もする必要はないため、資産運用を始めようか迷っているならウェルスナビで申し込むことをおすすめします。

 


ウェルスナビ無料診断は こちら