【税金対策】ウェルスナビで確定申告は必要?二重課税とは?わかりやすく解説

ウェルスナビの税金対策|確定申告は必要?二重課税とは?ロボアドバイザー
スポンサーリンク

ほったらかし投資をしたいのに、確定申告するのは面倒ですよね。

ウェルスナビなら口座の種類を「特定口座(源泉徴収あり)」にすれば、確定申告をする必要はありません

銀行と同じような感覚で、預けておくだけで資産運用することができます。

 

スポンサーリンク

ウェルスナビの確定申告は必要?

結論として、ウェルスナビで口座を作る際に「特定口座(源泉徴収あり)」を選択すれば、

利益が出ても確定申告は必要ありません

ウェルスナビの特定口座(源泉徴収あり)

ウェルスナビの特定口座(源泉徴収あり)を選べば、確定申告は必要ありません

正確には、ウェルスナビが税金を計算、源泉徴収してくれて税務署に納税します。

そのため、所得が20万円を超えた場合でも、確定申告は不要です。

 

デメリットとして20万円以下の場合でも、譲渡益課税(20.315%)が発生します。

(内訳:所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)

20万円以下の利益でも20.315%無駄になるため、確定申告に慣れているなら「特定口座(源泉徴収なし)」も検討してみてください。

 

ウェルスナビの特定口座(源泉徴収なし)

ウェルスナビの特定口座(源泉徴収なし)は、所得が20万円を超えた場合、

ウェルスナビが税金の計算、書類の作成まで行い、あなた自身が確定申告まで行う必要があります

 

毎年1月中旬頃に、ウェルスナビから特定口座年間取引報告書が電子交付されます。

特定口座年間取引報告書は、希望すれば郵送することもできます。

 

 

利益が20万円以下の場合、所得税分(15.315%)は非課税となります。

(内訳:所得税15%、復興特別所得税0.315%)

住民税5%は納税する必要があります。

 

ウェルスナビの一般口座

ウェルスナビの一般口座では、所得が20万円を超えた場合、

あなた自身が税金の計算、書類の作成、確定申告まで行う必要があります

 

利益が20万円以下の場合、所得税分(15.315%)は非課税となります。

(内訳:所得税15%、復興特別所得税0.315%)

住民税5%は納税する必要があります。

 

 

スポンサーリンク

ウェルスナビの二重課税とは

ウェルスナビは海外ETFを売買しています。

そして、海外ETFの配当には、米国の税金(10%)が発生しています。

米国の税金(10%)が引かれ、そこからさらに譲渡益税(20.315%)がかかるため、

「二重課税」と呼ばれています。

 

「配当金の10%を取り戻したい」という場合、確定申告することで少しだけ得をします。

100万円運用していても、配当金の10%なので、得をするのは数百円程度。

確定申告の手間と、数百円を天秤にかけて、確定申告するかどうか判断しましょう。

 

 

スポンサーリンク

特定口座の変更はできる?

ウェルスナビでは、特定口座を変更することができます。

ですが、配当金の受け取り前、売却益が出る前にウェルスナビに申請する必要があります。

 

2018年現在、既に分配金、売却益が発生しているため、特定口座の変更はできません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ウェルスナビの口座の種類選びに迷っていたら「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しましょう。

 

数十円、数百円お得にするなら「特定口座(源泉徴収なし)」を選択して、確定申告する必要があります。

ロボアドバイザーは、ほったらかし投資が魅力なので「特定口座(源泉徴収なし)」をおすすめはしません。

 

特定口座を変更することはできるので、まずは「特定口座(源泉徴収あり)」で運用していくことをおすすめします。

【税金対策】楽ラップで確定申告は必要?NISAは利用できる?わかりやすく解説
...