マネーハッチのメリット・デメリット|個人的評価

マネーハッチ メリット デメリットクレジットカード
スポンサーリンク

\お申込みはこちらから/
インヴァストカード

スポンサーリンク

マネーハッチのメリット

元手ゼロなので始めやすい

マネーハッチは、インヴァストカードで買い物をした際のポイントやキャッシュバック金額を「トライオートETF」の自動売買システムに投資してくれるサービスのため元手ゼロで投資を始められます。

ポイント投資なので、レバレッジを効かせなければ、損することもありません。

インヴァストカードでは自動で現金化してくれるため、今まで「クレジットカードのポイントを失効させていた人向き」のサービスです。

 

例えば、インヴァストカードで毎月10万円分、支払いや買い物をしたとしたら月1,000円分積み立てされます。

シミュレーションでは、約10年でポイントによって生まれた資産は約164,984円となります。

 

投資は100%資産が増えるわけではありませんが、ポイントだけで16万円も増えるなら投資しないと機会損失となってしまいます。

投資に興味があって手が出せない人は是非マネーハッチから始めてみてはいかがでしょうか。

 

自動的に世界に分散投資してくれる

マネーハッチは国内外のETF(上場投資信託)に自動的に分散投資を行います。

また、元本為替リスクを排除し手数料無料で0.1口からと、少額買い付けが可能です。

 

為替リスクがないCFD

マネーハッチはCFDで取引を行うため、円のまま、為替リスクなしで投資することができます。

 

通常、海外ETFを取引するには為替リスクが発生します。

外国株式指数が上がっても、円高だとトータルとして損してしまう可能性があります。

ですが、マネーハッチでは円建てで投資を行うため、円高、円安の影響を受けません。

 

為替レートや為替リスクを排除して取引できるというのは大きなメリットといえるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

マネーハッチのデメリット

建玉金利0.9%+Libor

マネーハッチはトライオートETFのCFD取引口座で投資を行いますが、ヘッジコストとして建玉に対して金利(0.9%+Libor)が発生します。

Libor(ライボー)とは、各国通貨調達にかかる変動する金利のことです。

 

金利の計算方法は以下の通り。

「保有しているETFの前週木曜日の終値 * 保有口数 * (0.9%+Libor) * 付与日数/365」

 

例として、合計2.0%の金利となった場合、1万円分のETFに対して年間200円の金利が発生します。

 

投資者保護基金の対象外

マネーハッチは店頭CFDとなり、投資者保護基金の対象外となります。

参考:Q&A | 日本投資者保護基金

 

インヴァスト証券は上場企業であり、選択型自動売買口座数No.1の証券会社です。

また、預かり資産は全額信託分離保管されていて安心感はありますが、投資者保護基金の対象外というのは一つのデメリットといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

マネーハッチの個人的評価

マネーハッチはインヴァスト証券が提供する新しいカタチの自動売買サービス。

クレジットカードのポイントを自動的に現金化、投資してくれるため、今までポイントを失効させていた人にとってはリスクなしで投資、資産運用が可能となっています。

 

マネーハッチはトライオートETFのCFD取引口座で投資を行いますが、口座を作った後はマネーハッチ単体でも利用できます。

マネーハッチが向いている人

    • ・投資に興味があるけど損したくない

 

    • ・利益を取るよりも、リスクを冒したくない

 

    ・クレジットカードのポイントを失効させたことがある

 

マネーハッチはインヴァストカードのポイントを投資することもできます。

インヴァストカードは携帯電話代、公共料金などの定期支払いにも利用でき「ポイントを現金化し、そのお金を投資にまわして増やす」がコンセプトとなっています。

今までクレジットカードのポイントを失効させた経験がある人は是非利用してみてください。

 

また、現金を直接投資するわけではないため、投資に踏み出せない人にも始めやすいサービスとなっています。

 

マネーハッチが向いてない人

    ・投資したくない

マネーハッチはトライオートETFで自動売買、投資するサービスなので、投資をしたくない人には向いていません。

 

 

スポンサーリンク

マネーハッチのメリット・デメリットまとめ

マネーハッチのメリットは以下の通り。

  • 元手ゼロなので始めやすい
  • 自動的に世界に分散投資してくれる
  • 為替リスクがないCFD

 

マネーハッチのデメリットは以下の通り。

  • 建玉金利0.9%+Libor
  • 投資者保護基金の対象外

 

マネーハッチはポイント投資ができるため、リスクを最小限に抑えたい人向きのサービスです。

ポイントを失効させた経験がある人は是非この機会にマネーハッチでポイント投資してみてください。

マネーハッチの仕組みに慣れてきたら、得た利益をトライオートETFで運用していくことも可能です。

マネーハッチのやり方・始め方|入金・出金・停止・変更方法【インヴァストカード申し込み】
...

\お申込みはこちらから/
インヴァストカード