【ボーナス2019】夏冬の支給時期は?国家・公務員、一般企業(民間)はいつもらえる?

ライフスタイル
スポンサーリンク

「ボーナスって毎年いつもらえるの?」

「ボーナスの支給時期は決まってる?」

 

そんなあなたの疑問に答えます。

 

結論として、国家公務員は夏ボーナスが6月30日、冬ボーナスが12月10日と定められています。

地方公務員の場合も、国家公務員と同じ時期に設定されているケースがほとんどです。

支給日が土日祝の場合、前日または前々日に前倒しされます。

 

一般企業(民間)の場合、夏ボーナスが6月中旬から7月上旬にかけて支給、冬ボーナスが12月上旬から12月中旬にかけて支給されます。

スポンサーリンク

夏のボーナス支給時期は?

国家公務員は6月28日の金曜日に支給

国家公務員の2019年のボーナス支給日は6月28日(金)です。

国家公務員のボーナス支給日は法律で6月30日と定められているのですが、土日祝だった場合、前日、または前々日に支給されることになります。

2019年で例えると、6月30日は日曜日のため、28日の金曜日に支給されます。

 

地方公務員の場合も、国家公務員の支給日に近い日を設定しているケースも多いようです。

 

プレミアムフライデー(月末の金曜日)ですし、飲みに行かれる方も多いのではないでしょうか。

 

一般企業(民間)は7月上旬までに支給

一般企業(民間)の夏のボーナス支給日は、特に法律で定められているわけではありません。

支給日に多少バラつきはありますが、だいたい6月中旬から7月上旬までに支給されることが多いです。

 

支給日が定められてないと、そわそわしてしまいますよね。

大手企業などだと、社内規定にボーナス支給日が明記されていることもあるため、気になる方は担当者に見せてもらうと良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

冬のボーナス支給時期は?

国家公務員は12月10日の火曜日に支給

国家公務員の2019年のボーナス支給日は12月10日(火)です。

夏のボーナスと同じく、支給日が法律で12月10日と定められており、土日祝だった場合、前日または前々日に支給されることになります。

 

一般企業(民間)は12月上旬までに支給

一般企業(民間)の冬のボーナス支給日は、特に法律で定められているわけではありません。

ですが、国家公務員と同じ時期に設定している企業も多いため、だいたい12月上旬から12月中旬までにはボーナスが支給されます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

国家公務員のボーナス支給日

夏ボーナス6月30日
冬ボーナス12月10日

支給日が土日祝の場合、前日または前々日に前倒しされます。

 

地方公務員のボーナス支給時期

夏ボーナス6月30日
冬ボーナス12月10日

地方公務員のボーナス時期は、各自治体の条例によって定められています。

基本的には国家公務員の支給日と同じになっているケースがほとんどです。

 

一般企業(民間)のボーナス支給時期

夏ボーナス6月中旬~7月上旬
冬ボーナス12月上旬~12月中旬