【できること】ドコモ口座のメリット・デメリット【おすすめの人は?】

スポンサーリンク

「ドコモ口座とは?」

「ドコモ口座でできることは?」

「ドコモ口座のメリット・デメリットは?」

 

そんなあなたの疑問に答えます。

また、ドコモ口座がおすすめの人、お得な使い方を解説していきます。



スポンサーリンク

ドコモ口座とは?

ドコモ口座とは、携帯電話、スマートフォンからカンタンにお金を送ったり、安心してネットショッピングができるサービス。

面倒な手続きも必要なく、携帯電話、スマートフォンから利用規約等に同意すると、すぐに開設して利用することができます。

 

ドコモ口座を利用する場合、FOMA契約またはXi契約をしているiモード対応端末、spモード対応端末から申し込む必要があります。

 

 

スポンサーリンク

ドコモ口座でできることは?

ドコモ口座にお金をチャージ(入金)できる

ドコモ口座にお金をチャージするには、銀行口座振込、セブン銀行ATM、Pay-easy(ペイジー)対応の金融機関、各種コンビニから入金する必要があります。

ドコモ口座に対応している銀行口座は、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行の計6行。

 

銀行口座振込、セブン銀行ATM、Pay-easy(ペイジー)対応の金融機関、各種コンビニと、どの手順からチャージしても入金手数料は無料です。

 

ドコモ口座のお金を使う

ドコモ口座に貯まったお金を使いたい場合、Visaプリペイドで買い物、ドコモ払い、d払い利用、送金、銀行口座へ払い出し、携帯料金として利用することができます。

 

他にも、Amazonで買い物をしたり、LINEスタンプの購入、ドコモ口座からTHEO+docomoへ入金することも可能です。

 

ドコモ口座の各種設定、履歴を確認できる

ドコモ口座では、払い出し先の銀行口座の登録や変更、サービスの解約ができます。

 

ドコモ口座の開設はカンタンに行えますし、スマートフォンひとつで10秒もあれば解約できるので、安心して利用できますね。

 

 

スポンサーリンク

ドコモ口座のメリット

ドコモユーザー同士なら電話番号だけで送金できる

ドコモ口座では、相手の電話番号を指定するだけでお金を送ることができます。

 

お子さんの仕送りや、飲み会の会費もドコモ口座からなら手数料無料で送金できます。

今まで家族間のお金のやり取りを入金手数料を払って行っていたのなら、ドコモ口座を利用すれば手数料無料で仕送りなど、お金の節約が可能です。

 

申し込み、解約もカンタンに行える

ドコモユーザーなら誰でも申し込み不要、月額使用料無料でドコモ口座を作ることができます。

 

また、解約もスマートフォンひとつで10秒もあれば解約できるので、申し込み、解約まで手間がかかることはありません。

 

Visaプリペイドが審査なし、即時発行

あなたがドコモユーザーなら審査なしで、Visaカードを即時発行、ネット上のVisa加盟店でクレジットカードと同じように利用できます。

 

ドコモ口座のVisaプリペイドなら10日間使い捨てのワンタイムカードが発行できるため、クレジットカードのセキュリティ面が不安な方も安心して利用できます。

 

ドコモ口座の定額パックプランを利用しているなら買い物額の1%がキャッシュバックされます。

 

チャージ手数料も無料ですし、チャージが面倒なら最大5万円まで後払いで買い物もできます。

利用代金は翌月の携帯料金と一緒に引き落としが可能です。

 

キャッシュゲットモールなどで現金がたまる

キャッシュゲットモールとは、d払い加盟店でd払いを利用すると「dポイント」「ストアポイント」「キャッシュバック」の特典が付く一石三鳥のdocomoの新サービス。

楽天市場、高島屋、ABC MART、DHCなどで買い物するだけでポイントの3重取りが可能です。

 

ドコモ口座を無料で作って100円キャッシュバック、さらにTHEO+docomoをキャッシュゲットモール経由で始めると1000円もらえます。

ドコモ口座、THEO+docomo口座を作った際の現金をもらえる特別な特典は予告なく終了してしまう可能性があるため、迷っている方は早めに始めることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

ドコモ口座のデメリット

利用できる人が限られている

ドコモ口座を申し込む場合、ドコモユーザー以外の方や、パソコンから申し込むことができません。

 

ドコモ口座を利用する場合、FOMA契約またはXi契約をしているiモード対応端末、spモード対応端末から申し込む必要があります。

 

docomoを利用している方にとってはデメリットではないですが、お得なサービスを誰でも利用できないのはちょっとしたデメリットに感じてしまいますね。

 

銀行口座とは異なり、貯金、預金を目的とした利用はできない

ドコモ口座は銀行口座と違い、口座のお金に利息はつきません。

 

また、預金保険法又は農水産業協同組合貯金保険法に規定する保険金の支払対象にはなりません。

しかし、資金決済法に基づき、株式会社みずほ銀行との間で履行保証金保全契約を締結することにより、お客さまからお預かりした金額に対して適切に保全措置を講じています。

 

docomoに万が一のことがあったとしても、ドコモ口座のお金は安全に保護されます。

銀行のように利息はつきませんが、あなたが普段からネットで買い物をしているならドコモ口座で利息以上のメリットが得られます。

 

ドコモ口座Visaプリペイドは手数料がかかる場合がある

審査なし、即時発行のドコモ口座Visaプリペイドでは、「ワンタイムプラン」または「定額パックプラン」のどちらかで利用する必要があり、条件によっては手数料がかかる場合があります。

 

使い捨てカード番号を発行する「ワンタイムプラン」では月額料金は無料、使い捨てカード番号は2回目以降100円の手数料がかかります(毎月1回までは無料)。

定額パックプランは発行手数料は無料ですが、月額料金が200円かかります。

 

ドコモ口座Visaプリペイド以外のクレジットカードで買い物をしている方がVisaプリペイドを発行するメリットは、使い捨てカード番号が利用できることです。

ネットで買い物をしていて「カード番号流出しないか不安・・・」という方はドコモ口座Visaプリペイドでセキュリティ対策を検討してみてください。

 

ワンタイムプランなら月額料金無料ですし、2回目以降も100円で使い捨てカード番号を発行できるため、「プラス100円で安心を買う」と考えれば安い買い物になるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

ドコモ口座がおすすめの人

家族でdocomoを使っている人

ドコモ口座を利用すれば、月々の携帯料金の支払い、普段の買い物、お子さんに仕送りなど、使い道も多く、手数料無料で利用できます。

 

たとえば、4人家族で全員がドコモ口座を申し込めば全員分キャッシュバックの特典を受け取ることができます。

 

キャッシュバックでお得に買い物したい人

ドコモ口座のキャッシュゲットモールを利用すれば「dポイント」「ストアポイント」「キャッシュバック」のポイントや現金の3重取りができます。

 

サービスによっては、1000円プレゼントや購入金額の20%還元など高還元率となっています。

たまにしかネットで買い物をしない人も、ドコモ口座の申し込みや維持費は無料なので、早めに申し込んでお得に買い物する準備をしておくことをおすすめします。

 

ネットでのクレジットカード払いに抵抗がある人

ネットでカード番号を入力して、流出するのが不安な人はドコモ口座Visaプリペイドがおすすめ。

 

ドコモ口座Visaプリペイドなら使い捨てカード番号を発行できるので、あなたのカード番号が流出することはなくなります。

ドコモ口座を利用して、ドコモ口座Visaプリペイドを利用しないこともできるので「ネットで買い物はしたいけど流出が不安」という方はVisaプリペイドの申し込みも検討してみてください。

 

クレジットカードの審査が通らない人

クレジットカードのブラックリストに載ってしまい、クレジットカードが使えない、という方でもドコモ口座Visaプリペイドなら審査なし、即時発行でクレジットカードを利用できます。

(年齢が18歳以上である方に限ります)

 

しかし、ドコモ口座Visaプリペイドを利用中にdocomoが不適切と判断した場合には利用を制限される可能性があるため、携帯料金延滞などには注意した方がいいでしょう。

 

THEO+docomoで資産運用を始めたい人

docomoのキャッシュゲットモールを利用すれば、今なら1000円プレゼントキャンペーン中です。

 

THEO+docomo(テオプラスドコモ)の評価は?どんなサービスか徹底解説
...

 

 

スポンサーリンク

ドコモ口座まとめ

ドコモ口座は、ドコモユーザー限定のネットショッピングやプリペイド代わりになるサービス。

申し込みも5分で完了し、月額料金も無料、Visaプリペイドの審査もなく、即時発行できるため、ネットでの買い物が不安な方にもおすすめです。

 

買い物以外にも450以上のサービスでポイントが貯まり、無料で現金がもらえるサービスも多数あります。

たとえば、THEO+docomoではロボアドバイザー投資を1万円から始められますが、キャッシュゲットモールを利用すれば1000円現金をもらうことができます。

 

ドコモ口座でできることも多く、デメリットも気にするほどリスクを負うものもありません。

あなたがドコモユーザーなら損することもないので、申し込んでおくことをおすすめします。



ウェルスナビ

・最低投資金額10万円
・手数料1%

ノーベル賞受賞者、ハリー・マーコビッツ氏のポートフォリオ理論に基づき、資産運用を最適化。
公式サイトから申し込むと、手数料割引、キャッシュバックなど期間限定の特典あり。

THEO+docomo

・最低投資金額1万円
・手数料1%

dポイントが永久的に貯まり、期間限定で全員に現金プレゼントキャンペーン実施中。
満足度90%、利用者数の87.7%が5%以上のリターン。
少額から始められ、投資の知識がなくても資産運用が可能。

THEO
THEO

・最低投資金額1万円
・手数料1%

満足度90%、利用者数の87.7%が5%以上のリターン。
少額から始められ、投資の知識がなくても資産運用が可能。